地下鉄

昨日学士会館で長い時間座り続けたので運動のためと思い、学士会館から竹橋に出て、竹橋から桜田門まで皇居のお堀に沿って歩きました。
日曜日の夕方5時近い時間帯のため、観光バスは一台もなく、二・三人連れの観光客、散策、ジョギングの人たちが、あちこちにいるだけで静かな皇居前でした。
曇り空ではありましたが、お堀の水も真冬の寒々しさは無く、早春を感じます。
桜田門を出て、威容を誇る桜田商事(警視庁)の前から地下鉄の駅に入りました。
そのとき改めて気がついたのですが桜田門駅は、お堀の下に掛かった位置にあることです。
お堀の脇から下に下りていく、当たり前のことですが上には大量のお堀の水があるのです。地下鉄工事の技術力、土木工事の技術の高さを再認識しました。
普段何気なく使っている地下鉄の上には、川があり、ビルがあることは知っていますが、でも考えてみるとすごい圧力に耐えられる技術があるから成り立っている、しかも長い年月使い続けることができることに感動すら覚えました。
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中