燃える氷

石油に次ぐ新たなエネルギーとして注目されている燃える氷(メタンハイドレート)が上越市沖の海底に存在することを研究グループが確認したとのニュースがありました。
日本海のほかの部分にも存在する可能性も示唆しています。
日本は四方を海で囲まれていますが、これまで有効に海底資源を調査し、他国に先駆けて手を打っている様子が見られず、中国の油田開発も抗議しているだけで有効な手段等、日本のために国家として動いているように見えない。
今回の研究チームの発見に対して、直ちに国として資源確保の施策を実施してほしいと思います。
メタンハイドレートはメタンと水が高圧でシャーベット状になっています。
エネルギーとしては効率の良いもので、逆に利用しないで地球温暖化が進み、それが溶け出すと大気中のメタンの量が増えて環境にさまざまな影響を与えるとも言われています。
資源小国の日本にとって、海から得られる資源は大切なものです。他国からの干渉を受ける前に、確実に資源を確保し、きれいなエネルギーを有効に使う環境保全・エネルギー活用の先進国でありたいと思います。
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中