ピラカンサ

秋になると赤い実を木いっぱいにつけ、野鳥が喜んで実を食べるピラカンサの花が咲いています。
秋の実は、「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い、赤い実を食べた」の童謡を思い出す鮮やかな実ですが、春の花は、泡のような小さな花が集まって咲く白い花です。
 
コデマリのような白い花で、秋の派手な実とは対照的な清楚な感じがします。
今朝のように雨が降り出す直前の暗い空の下では、白い花が目にはいります。派手ではないが存在感を示している、この時期の花なんだと再認識しながら見ました。
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中