室内の朝の温度が27℃あり、夏の到来を示しています。
今朝は太陽が薄い雲を通して真赤な丸い形を見せていました。
 
いつものようにストレッチをするために玄関前に出ると、私の目と同じ高さの壁に蝉がとまっていました。
毎朝ストレッチをする脇の壁にいて微動もしません。
 
今シーズンは、加治丘陵を歩いているときに一回だけ蝉が鳴いているのを聞きましたが、雨が続いているせいか、7月後半になっても蝉の鳴き声を聞きません。
蝉を驚かせないように、いつもより下がった位置で気にしながらストレッチをしましたが、そのまま壁のところにいます。
羽化した直後なのかと周りを探しましたが、抜け殻は見つからず、出勤する時も壁にとまったままでした。
 
蝉は7年近く地中で生きてきて、地上での命は一週間ほどと言われています。
鳥などに食べられることなく、地上の生活を楽しみ子孫を残しな、と心の中で声を掛けつつ、携帯電話のカメラでパチリと写しました

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中