クマのプーさんのはじまり

曇り空の夜明けでしたが、時間が進むにつれて青空が広がってきました。
午前8時には、夏日を予想させる強い太陽の日差しです。 7/20は例年実質的に梅雨明けの時期ですが、気象庁からは週末の雨模様予報が出ています。
 
夏が来ているような、ちょっとお預けをくらっている中途半端な感じですね。
そんな中ではありますが、ラジオの英語講座では「クマのプーさん」のお話が始まりました。
 
 Once upon a time, a very long time ago now,
about last Friday, Winnie-the-Pooh lived in a forest 
all by himself under the name ofSanders. 
 
 むかし むかし 今からずーと昔、この前の金曜日ごろ
ウィニーザ・プーが森の中でただひとり サンダーズの名前のもとに
住んでいました。
 
 
来た来た来た、お話のスタートと言う感じです。
 
父親が、わが子クリストファー・ロビンにせがまれて話す様子で
書かれているので、何となく読み飛ばしていましたが
でも、「今からずーと昔」と切り出しながら「この前の金曜日ごろ」と
言っているのは変ですね。
子供に分かりやすくするためのの配慮か等と、これまで意識
していまかったことを発見できて、楽しく聴いています。
硬くなった頭が少し柔らかくなるような気がして嬉しい時間です。
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

クマのプーさんのはじまり への2件のフィードバック

  1. あわせかがみ より:

    こんばんは。
    お帰りなさい^^
    パラオを満喫されてよかったですね。
    いっぱいダイビングをしてきたのですね。200本(本という数え方をするのですね)おめでとうございます。
    200本というともうベテランになるのかな。
    TVで見るあの美しい海中の景色を実際に見ることができるなんて素敵ですね。
    たくさんの熱帯魚たち、マンタもいるのですね、そして美しい夕日・・・・
    写真を楽しみにしていますね。

    いいね

  2. りょうちゃん より:

     あわせかがみ さん
    こんにちは。
    おかげさまでパラオから無事に帰ってきました。
    ダイビング三昧の三日間とミニトレッキング&シーカヤックを楽しむ最終日と日常生活を忘れて、思いっきり楽しんできました。
    ダイビングは通常、背中に一本のエアータンクを背負って潜りますので、一回潜るとタンク1本といいます。
    従って200本とは、200回潜ったことになります。そのほかにスキンダイビングまたはシュノーケリングと言って、タンクなしで息を止めて海女さんのように潜ることもしますが、それは潜水回数には数えません。
    約十年間で200本ですから速いペースではありませんが、夏のシーズンだけ潜る一般ダイバーの方よりは多いと思います。
    私の所属している会社のダイビングチームのメンバーは、のめり込んでいる人が多いので、100本、200本、レベルの人が何人もいます。
    でも本数が多いだけが特色ではなく、今年からはじめた人も一緒に楽しめる、ゆとりのあるダイビングを続けたいと思っています。
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中