国立科学博物館

 昨日、上野の国立科学博物館に行き、「インカ マヤ アステカ展」と常設の科学博物館を見学しました。
連日の猛暑日で、太陽の光が痛い程の暑さの中、幼稚園児から、ご年配の方まで、ものすごい数の見学者が訪れていて驚きました。
ご年配の方々の熱心さには感動を感じたときもありました。
 
今回は初めて「音声ガイド」なるものを借りました。入場料が1,400円で音声ガイドの使用料が500円、ちょっと高いかなと思いましたが、実際に自分の進みに合わせて、コードを入力すれば、その場所の案内が聞くことが出来るため、意外と便利なものでした。
一緒に行った小学生と、興味があるものについては交代で繰返し音声を聞くことが出来、使い方によってはとても役に立つと感じました。
 
夏休みのため子供が多くいて、夏休みの自由研究でしょうか、ノートに掲示されている案内を記入したり、簡単なスケッチをしたりしている子もいて、微笑ましく感じです。
国立科学博物館はインカ展の会場から、そのまま入場でき、夏休みの子供に合わせたイベントもありなかなか良い催しでした。
多くの子供達が、地球の誕生、人類が進歩してきた過程を理解してくれれば、命の大切さ、助け合う大切さを理解してくれるのではないかと、少し期待が持てた真夏の上野でした。
 
近所で見かけた花です。
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

国立科学博物館 への2件のフィードバック

  1. Mayumi より:

    いいですね、博物館。私結構子供っぽいからかもしれませんが、大好きなんですよ。
    結構関東には沢山博物館や歴史館とか多いですものね。
    お子さんの勉強にもなるし、色んな事を知ることって本当に大切ですね。
    つくづく思います。世の中に分からない事が沢山ありすぎて、全てを知る事は難しいけど
    生きてるうちにありとあらゆる事を知り、成長したいと感じています。
     
    あの花はなんていう花ですか?ハイビスカスにも似たような感じですね。
    日本は花の種類も多くていいですね。
     
    P.S.冬でも空は飛べるんですか?是非体験したみたいです。 

    いいね

  2. りょうちゃん より:

     Mayumi さん
    こんにちは。
    博物館が好きな人は、学ぶことが好き、好奇心があることではないでしょうか。
    Mayumiさんの若々しさは、そんなところから来ているのかも知れませんね。
    こちらに載っている花は「ふよう」ですが、一つ前に載っている花は「ノウゼンカズラ」で、ハイビスカスに負けない濃い赤、黄色、オレンジの花を咲かせて楽しませてくれます。
    外来種、日本が原産のヤマユリが外国で手を加えられてカサブランカとして入ってきた里帰りの花等、最近は多くの花が栽培されていて、各家の庭がきれいですね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中