航空公園

先日、所沢市にある事務所を訪ねました。 
場所は航空公園の近くで、緑の多い街です。
 
日本で始めて飛行機を飛ばした陸軍所沢飛行場の跡地で、木々と芝生が中心の広大な公園があります。
公園の一角には、航空発祥記念館があり、飛ぶものに関する展示と解説、入場者が操作できる実験装置が展示されています。
飛行機の飛ぶ原理、熱気球が揚がる仕組みの実験装置からジャンボ機の操縦モニターがあり、子供から大人まで楽しんでいます。
私も何回か入場し、ジャンボ機の操縦シミュレータで操縦体験をしました。巧く出来るときと、滑走路の手前で不時着してしまう等の時があり、なかなか難しいです。
 
駅前には、国産旅客機YS11が今でも飛び出せそうな姿で展示されています。
日本国内では、フライト中の勇姿は見られなく、アジアの一部でのみフライトしている現在ですが、YS11の前に立つと、もう一度日本の空を飛びたいと言っているようであり、飛ばしてあげたいとの思いがわいてきます。
 
次期国産旅客機としてMRJの開発が進んでいます。また、ホンダの小型ジェット機も開発されています。
日本の空、世界の空に国産旅客機が飛ぶ日が早く来ることを心待ちにしています。 
 
CIMG0774
 
CIMG0775
 
CIMG0777
 
CIMG0780
 
CIMG0783
 
 
 
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

航空公園 への2件のフィードバック

  1. Mayumi より:

    今、ボーイング社やエアバス社とか、ロシアの会社など、飛行機の新機種が
    続々登場してましたね。
    なのに、それを見てからこの写真を見てみると、太くて味がありますね。
    私も成田の航空博物館に行った事があります。
    なかなか良かったですよ!!

    いいね

  2. りょうちゃん より:

    Mayumi さん
    こんにちは。
    最新鋭の飛行機を見ればすばらしいなと思いますが、同時に古い飛行機にはなんとも言えない親しみを感じます。
    初期のセスナ機、それ以前のゼロ戦等が飛んでいたら、感激すると思います。
    不思議ですね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中