箱根・仙石原

箱根の仙石原台ケ岳の裾野に広がる草原は、ススキの群生地として有名です。
9月中旬にまだ青いススキに銀色の穂が出始め、次第に枯れた色に変わって行くと、穂先も綿のように白くなります。
今回訪れた時は、既に枯れた茶色の色になりながらも、豊な白い穂先を人々の背の高さのあたりで揺らしています。
 
また草原と道を隔てた地は、仙石原湿原の植物群生地があり、その先には先日プログに写真を載せた湿生花園があります。
この広大な地は、開発が禁じられているとも聞いています。
箱根の台ゲ岳の裾野に広がるこの自然豊な地をこのまま次世代に引き継いで欲しいと思います。
 
CIMG1098  CIMG1101
 
CIMG1117  CIMG1124
 
CIMG1093  CIMG1103
 
CIMG1106  CIMG1108

 
 
 
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 花シリーズ パーマリンク

箱根・仙石原 への2件のフィードバック

  1. Mayumi より:

    すすきの野原は凄いですね。久し振りに見た気がします。
    黄金色に輝く中で、寂しい感じがしますね。
    こういう自然が当たり前であってほしいのは、私も思います。
     
    でも、知ってました?日本は不健康地だそうです。
    湿気は外国人にはつらいみたいですものね。だからと言って
    乾燥も結構やっかいですよね?

    いいね

  2. りょうちゃん より:

    Mayumi さん
    こんにちは。
    そうですね。乾燥している地域の人が日本の梅雨時に来たら、多分嫌になってしまうでしょうね。
    日本の良さは、四季があり、確実に自然が゜変化することではないでしょうか。
    いろいろな日本に逢って欲しいと思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中