丘陵ボランティア

埼玉県入間市にある加治丘陵は、首都圏に近い場所にありますが、緑豊な丘陵です。
秩父多摩国立公園との山間部とせっしているため、小さな丘陵に自然がいっぱいで、多くの野生生物が生育・生息していることが確認されています。
昔から人々の生活と密着した「里山」としての役割が大きく、豊な自然環境を育む場所となっていいます。
 
この丘陵は、入間市もみどりの課を設け積極的に環境全に関わっていますが、里山を守るために大きな力となっているのは、加治丘陵のボランティアの皆さんです。
市と協調し「加治丘陵さとやま計画」に取り組んでいるボランティア団体がいくつもあります。
それぞれが、丘陵の各地域を分担して受け持ち、自主的に活動日を決め、自然林を守る活動、丘陵の清掃活動、動植物が生育できる環境を整える他の多くの活動を行っています。
 
先日も、久しぶりに丘陵の北西部に足を延ばしたところ、これまでとは別のボランティアの皆さんの活動地域を知ることが出来ました。
貴重なオオタカの生息地もあり、皆さんの努力で里山が守られていることに感謝の気持ちで自然の中を歩いています。
 
 CIMG1593  CIMG1601
 
CIMG1596
 
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 加治丘陵 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中