遊休施設

昨夜降り出した雨が夜明け前には止んでいました。
湿度がたっぷりあり、久しぶりに朝から日差しがありますので暖かく感じます。
すれ違う人達の背筋も伸びていて、つかの間の春を感じる朝です。
 
加治丘陵の近くには、西洋のお城の形をした建物があります。
長いこと入間市が運営してきた国民宿舎です。
ただし数年前に経営を止めていますので、現在は立ち入り禁止の立て札と柵でガードされている無人の館となっています。
市の経済事情からの判断で止む得ないことかとは思いますが、それなりの立派な施設を荒れるにまかせていて、もったいないなと眺めています。
 
最近は加治丘陵を歩く人も多くなりました。
丘陵地域に窯を持ち、芸術活動に励んでいる人もいます。
丘陵との活用でスポーツ、絵画、写真等々と組み合わせたイベントを設定し、新たな設備として活用するのも良いのではないかと、丘陵を歩く時に考えています。
 
丘陵脇の風景です。
CIMG1723  CIMG1717
 
CIMG1721  CIMG1720
 
元国民宿舎の建物です。
CIMG1724
 
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 加治丘陵 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中