横浜にぎわい座

少し北風が寒く感じますが、青空に輝く太陽の土曜日になりました。
青空の下に桜が満開で、最高のお花見日和です。
街の雰囲気も楽しいことが期待できそうな明るい感じで、多くの人が行き交っていました。
 
近くの公園には多くの皆さんが、それぞれのパターンでお花見をしています。
 
今日は、横浜の桜木町駅の近くにある、横浜にぎわい座の芸術ホールで開催された発表会に参加しました。
これは日本文化、詩吟を大切にする皆さん、詩吟・剣舞を中心とした各会・各流派が協賛して催している一年一回のイベントです。
横浜にぎわい座は伝統ある常打ち劇場の感じを良く示している場所で、別なフロアで開かれている本日の寄席も当日券が売り切れの状態でした。
 
会のプログラムは、
第一幕、吟・剣舞を5名以上の多くの皆さんにより吟じ、舞う豪華なスタートでした。
第二幕、各会の先生クラスの皆さんによる詩吟(漢詩、近代詩)、短歌朗詠、舞と日頃鍛えた皆さんの発表が行われました。
第三幕、宗家、会長の皆さんの詩吟と舞です。
そして、今回の大きな特色として、民謡界の実力者、原田直之さんの民謡と、それに組み合わせた民謡吟です。
 
日本の伝統芸術をつなぐ会が、これからも力強く続いて行って欲しいと思う、横浜の一日でした。
 
CIMG2241  CIMG2240  
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 詩と吟 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中