築地周辺

仕事で築地の聖路加タワー周辺を歩きました。
連日の雨または曇り空の下で花が咲いています。
 
歩道脇の花を見ながら歩いていると「明治学院発祥の地」との碑がありました。明治学院は山手線の内側、港区にあり、現在の場所での歴史が永くて、最初から今の場所にあったと思っていましたので、意外な感じを受けました。
そして、しばらく歩くと、またまた碑があります。
それには「青山学院記念の地」と書かれています。
青山学院は、「ツタの絡まるチャペル」の学生時代の歌でも有名な、渋谷の大きなキャンパスを中心にした学校です。
 
青山学院、明治学院ともにミッションスクールでキリスト教に縁があります。
そして築地には聖路加病院があります。聖路加はキリスト教の聖者であるセント・ルカの名前を日本語読みしています。
 
現在では、聖路加タワーと聖路加病院以外は、オフィスビルが多くなっている地ですが、日本が外国と交流を始めた明治時代、隅田川沿いの地にキリスト教を中心とした文化が集中していた土地であったようです。
なにか新しい発見をしたような気がした曇り空の街でした。
 
CIMG3123 CIMG3129
 
CIMG3131 CIMG3133
 
近くの民家の前に咲いている花です。
CIMG3135 CIMG3137
 
 
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中