低価格PC

東芝が7万円台のノートPCを発売するとのニュースがありました。
台湾のメーカーが売り出した、5万円を割るPCが売れていて、市場調査した結果、持ち歩き用の2台目のPCとして買う人が多いので発売に踏み切ったとの用です。
 
私も台湾製のノートPCを買おうか、如何しようかとずいぶん迷いました。
何回もPCショップに通い各社の製品を自分なりに比べてみました。
その結果は国内メーカー工人社の小型ノートPCを購入しました。
選んだ理由は、台湾製ではメモリー、ハードディスクの容量が小さくて、Windows Officeが殆ど入らず、また写真、動画が多いインターネットのアクセスに制約を感じたからです。
 
工人社のノートPCは容量的にも充分ゆとりがあり、外で使っていても不自由さは全く感じません。
画面が小さいので、インターネットの一画面が一回では観ることが出来ず、上下、左右のスクロールが必要等、小さいための使い方の慣れは必要ですが、機能的には満足しています。
値段も3万円台の台湾製に比べると1.5倍以上くしましたが、最低限必要な機能がゆとりで入っていると思えば高いものでは有りません。
 
先週は3日間、外部での仕事で会社に出勤していない状態が続きました。
この期間も公衆無線スポットでノートPCを使って仕事をすることが出来、手に入れて良かったと実感しています。
Windows Officeがフルで入っていると、小さいながら殆どの仕事、個人的なアクセスに全て対応できます。
使う人がストレスを感じながら使うPCでは定着しないと思います。
その点で工人社に続く、今回の東芝のノートPCも機能的には充分満足できるものであると記事を見ながら思いました。
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中