港区 ふれあいまつり

本日と明日は、東京港区で「ふれあいまつり」が開催されています。
六本木に近い、港区麻布区民センターの会場にはさまざまな展示、模擬店が展示・出展されます。
今回は、港区内にある外国の大使館も出店するので、どのような国のどんなものが出てくるのか楽しみです。
また、地下の大ホールでは、講演会、コーラス・踊り・フラダンス・詩歌朗詠の発表が行われます。
 
私たち、詩吟琥流朗誦会も「晩秋を詠う」と題して、明日25日の午後にホールで発表します。
 
第一部 {秋の酒)
1.詩吟          山中對酌 (李白の作)
2.短歌朗詠          白玉の    (若山牧水の作)
3.詩吟と日本舞踊 名槍日本号(松口月城の作)
 
第ニ部 (隅田川)
1.詩吟         早に深川を発す (平野金華の作)
2.和歌朗詠        さまざまの    (明治天皇の作)
3.詩吟        夜墨水を下る       (服部南郭の作)
 
そして最後は、滝廉太郎の讃品で隅田川を歌った「花」を会場の方と一緒に歌います。
東京地方の天候が雨模様との予報ですが、皆さんが楽しんでいただければ嬉しいと思っています。
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 詩と吟 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中