山吹の花

昨日から雨が降り続いています。
朝は大粒の雨が強く降っていて、通勤・通学の皆さんの肩や足を濡らしています。
 
春の雨になると山吹の花が浮かんできます。
 
「七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに なきぞ悲しき」
 
昔の武将、大田道灌が急な雨に蓑を借りたいと訪れた農家で、蓑も無いことを古歌で現すために山吹の花が咲いている枝を差し出した娘のお話しです。
 
都会生活者にとっては雨は歓迎されませんが、田畑を潤してくれる雨と考えれば、貴重なものです。
庭の芝生もこの雨で一気に緑が濃くなるでしょう。
 

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 花シリーズ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中