河野裕子さん

日曜日の毎日新聞に「毎日歌壇」のページがあります。
8/22本日も毎日新聞東京版10ページに毎日歌壇があり、4人の選者が投稿歌の中から選んだ短歌が掲載されています。
3番目の選者の欄は、河野裕子さんです。
 
そして同じ新聞の25ページの一番最後に小さな記事があります。
「河野裕子さんを偲ぶ会」を10/17に京都市で行うとのニュースです。
河野さんは8/12に64歳でお亡くなりになつたのです。
 
短歌の勉強を通じ、河野裕子さんの歌、人柄を知る機会がありました。
歌人として、主婦として、親として、父母に接する際の子としての河野さんを歌の中、講演会、添削で、人柄のやさしさ、短歌に対する深い思いを感じることができました。
今年のNHK全国短歌大会では、例年のように変わらずお元気なようすで特選の歌について講評をされていました。
その講評の中で、はじめて涙を流されわずかの時間絶句されたときに、ご自分の病気・命の時間が浮かんでいるのでは思い、客席で私も一瞬目が潤みました。
 
毎日歌壇は生前河野さんが選歌・講評を終っていたものについて掲載をしていると、おことわりが出ています。
亡くなる日まで選歌し歌の指導をしていたと亡くなったときのニュースで流れていました。
 
命の時間と向き合いながら、最後まで短歌を愛し続けた、河野裕子さんのご冥福を心からお祈りします。
広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 詩と吟 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中