富戸ダイビング

8月21日に伊豆東海岸の富戸でダイビングをしました。
 
朝4時に自動車で出発、夏休み中のため混雑を想定して早めに家をでました。
八王子市、相模原市、厚木市、小田原市、熱海市を通過して伊豆半島に入り南下します。
途中の道路は思いのほかに空いていて、到着見込みの30分以上前である8時には富戸港に着きました。
 
9時到着のメンバ総勢17名で手続き、ブリーフィングを終えて、いよいよダイビング開始です。
 
1本目
.富戸ヨコバマ ビーチエントリーで砂地を中心に海中を移動します。
エントリーが10時37分  
水面温度は26℃ 最も低い水温は25℃と暖かな海です。
 
見ることが出来たものは
 フウライチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、アオヤガラ、クマノミ、クロユリハゼ幼魚、アカカマス幼魚、ハナハゼ、ナガサキスズメダイ、オハグロベラ、ホンソメワケベラ幼魚、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、アカイソハゼ、ヤマドリ等々
 
最大深度16.4m、平均深度9.6m
エクジットが11時44分 67分のダイビング、皆さん満足した顔です。
 
2本目
同じヨコバマで岩場を中心に海中を移動します。
エントリーは13時:30分
水面27℃、最も低い水温は21℃で、暖かい水とつめたい水が混ざり合うところは温度差で水が小刻みに揺れています。
 
見ることが出来たものは
 モンツキヒメジ、クロユリハゼ幼魚、ウンゴンベ、アミメハギ、オキエソ、コガネスズメダイ、コブダイ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、シラコダイ幼魚、ウミスズメ、オハグムハギ、イシダイ、トビヌメリ、クマノミ等々
 
特に幼魚が多く、この時期の海の中は赤ちゃん誕生から成長初期の段階であることがよく分かります。とにかく小さくて可愛い、無事に育ってねと素直に思う光景です。
 
最大深度18.6m、平均深度10.9m
エクジットは14時30分  60分のダイビング、満足しきった・顔・顔・顔です。
 
機材の塩抜き、ログ付け等々を済ませ、富戸港を出発したのが17時、帰りも順調で家には21時15分無事到着しました。往復で8時間の運転でした。
 

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: ダイビング パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中