3月最終日

3月も最終日となりました。厳しい寒さの冬から穏やかな春へ向かう光の季節と思って迎えた3月は、11日を境に日本中の命、心、財産の根底を覆す3月となりました。

季節は春本番になりましたが、家族を失い、財産を失い、生活基盤を失った皆様にとって、暖かい季節はまだまだ遠い先だと思います。私たちにできることは何か、これを季節が進み時間が経っても、忘れてはいけないと考えます。

真夏に入れば、電力事情はますます厳しくなり、企業活動の低下も考えられます。東京中心に産業が集中してきた企業活動を西日本、九州、沖縄に移すことにより、企業活動を縮小することなく企業業績を上げることができます。

党利党略に絡め、あげ足取りのやり取りでまったく機動的な活動ができていない国会は、与野党が協力して被災地の救済とともに、地震の影響を受けていない地域での国力の維持・向上を論議し、実現していただきたい。それが復興への力になると思います。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中