カリンの花

庭に一本だけあるカリンの木に花が咲いています。
長野県諏訪地方でたくさん栽培されているカリンを庭に植えて十数年、気候が合わないのか肥料が足りないのか分かりませんが、毎年花が10数輪開き、実は1~2個がつく程度です。
カリン酒は喉に良いと言われているのと故郷の味なので、僅かに採れた実をカリン酒にしています。
今年は花の数が例年より多いので結実まで行ってほしいと期待して見ています。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 花シリーズ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中