木二重奏

日曜日の本日は、所属するエリアの総会があるのでパラグライダーのエリアに向かいました。
総会と焼き窯を使ったパーティーが予定されていて、朝から多くの会員の方が集まりました。

10時に私が到着したときは、既に10名以上のメンバーが集まり、山頂に向かっていました。
その後も次々と会員が集まり、第二陣で山頂に向かいました。

南風2~3m、皆さん次々テイクオフしてフライトを楽しんでいます。
私もテイクオフの準備をしていると、既に飛んでいた方が山頂にランディングするために近づいてきます。
その方のランディングを確認してから自分がテイクオフしようと思っていると、山頂ランディングしようとしていた機体の高度が急に下がり、山頂手前の木の上に引っかかってしまいました。
10mの高さもない木ですが、檜なので枝も強くて本人もキャノピーも木の途中の枝に乗っかった状態で怪我もありません。

急斜面でノバラ、タラの木をはじめとして棘がいっぱいの林の中をフライヤーが引っかかっている木に行き、よじ登ってご本人と二人で木から安全に降りる手順を打ち合わせていると、数本先の木に別なフライヤーが引っかかり木の上にとまりました。
大ベテランのフライヤーで、先に木に引っかかった人を救助しようとの思いやりで、山頂にランディングしようとしたのですが、直前でエアー条件が急に下がり木に引っ掛かってしまいました。

時間をかけて二人とも怪我もなく地面に降りましたが、手入れがされていない檜で細くても堅い枝がたくさん生えているので、横幅が畳数畳に及ぶキャノピーがあちこちの木と枝に引っかかっているのを外して下ろすのが大変です。
後から来た多数のメンバーが協力して3時間ほどかかって無事に回収することが出来ました。

長瀞のエリアではツリーランと言って木に引っ掛かることは滅多にないのですが、本日は2件のツリーランが発生し大変珍しいことです。
ツリーランは木に引っ掛かるので、キャノピーを回収するのが大変ですが、フライヤーの身体に厳しい影響を生ずることが少ないので、次善の安全な緊急対応と本日も思いました。

その後次々に山頂へ来てくれたメンバーがキャノピー回収作業は自分たちがするからと言っていただき、私は最初の方の救助作業後12時40分南風2mでテイクオフ。
既に良いコンディションは終わっていて、16分のフライト、最高高度は海抜560mの穏やかなフライトでした。
着地後、有志の皆さんが準備していただいた焼き窯パーティーで、ピザ、チキンの丸焼き 等々を楽しみました。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: パラグライダー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中