愛宕山の三角点

東京二十三区の中で天然の山として一番高い山が愛宕山です。
NHKが初期のラジオ放送をしていた場所として有名です。
古くは江戸時代に将軍徳川家光が、馬に乗ったまま石段を登り、愛宕山山頂に咲いている梅の花(梅の枝)を採ってくるようにと命じたことに対して、ただ一人急な石段を馬を操って登り、梅の枝を持って馬と共に下ってきた、日本一の馬の名手と言われている曲垣平九郎の話が有名ですね。

愛宕山は新橋、虎ノ門のビルに囲まれながらも、今でも小高い山としての風情を保っています。
山頂には愛宕神社があり、水を豊かにたたえている池があります。

三角点は弁財天脇にあります。新しい綺麗な石柱になっていて、これまでのものとは異なつていて三角点とのみ表示されています。
愛宕山三角点、北緯35度39分53.2秒、東経139度44分55.4秒 三等三角点 海抜25.7mです。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 三角点 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中