ICカード乗車券

スイカ、パスモ 等々の愛称で使われているIC乗車券が現在の日本では普及しています。
各会社の線路が複雑に乗り入れている都会では、乗車前に掲示板でルートと料金を確認することなく乗車して、二つの会社線を乗り継いだことを意識もせずに自動清算してくれるのは便利です。

このICカード乗車券のシステムを日本からアジアへ展開する計画が考えられています。
小銭・コインを意識せずに交通機関を利用出来る便利さは、発展途上の国にも広がってほしいシステムです。

プリペイドで各社にわたる乗車料金を精算するには、鉄道各社の窓口・改札口の機械化だけではなく、その国のお金の清算システムを整備しなければならない大きな課題があります。
アジア各国の国内の金融決済システムが充実すれば、その国の経済発展の大きな下支えになります。
これから伸びていく国の発展が、世界経済の進展につながることを期待して、IC乗車券システムの展開を見守りたいと思います。

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中