斜面の子供たち

加治丘陵でたくさんの子供たちと出会いました。
近くの保育園の子供たちで、保育士さんたちに連れられて、時々丘陵の展望台、広場に来ているのを見かけます。
近くとは言っても、大人がウォーキングコースとしている丘陵ですから、最短コースを使っても小さな子どもたちには長い距離だと思います。
それでも皆元気よく走り回ります。なかには抱っこされている子もいて保育士さんのご苦労が見えます。

今回は展望台のある高台から降りるのに道を使わずに、斜面をそのまま降りて行きました。
クマザサ等の低い植物が生えている斜面を、手をつなぎ保育士さんに見守られて下って行きます。
大人には膝下ほどの茂みでも、場所によって子供たちには腰の近くまでクマザサが生えている斜面を、楽しそうに降りる子とこわごわ緊張しながら降りる子がいます。

抱っこしたまま降りる保育士さんもいて、頑張っていますねとの声援の気持ちで見続けました。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 加治丘陵 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中