復元飛行機の見学

戦後日本で作られた、国産飛行機の復元機二機(R-53とR-HM)の復元記念一般公開に行きました。

第二次世界大戦後に敗れた日本は、占領軍(GHQ)により飛行機の製作に関する一切の活動を禁止されました。(1945年)
それ以前の日本は零戦・隼を代表とする、世界に名前が広がる高性能な飛行機を開発・製作する力がありましたが、敗戦により飛行機の開発ができなくなりました。

サンフランシスコ講和条約の発効(1952年)により、飛行機の開発が解禁され、再び飛行機の開発・製作ができるようになりました。

今回、戦後国産機を復元したのは、(株)立飛ホールディングスで、同社は戦前は立川飛行機(株)として、九五式一型中間練習機(赤トンボ)、一式双発高等練習機、一式戦闘機二型(隼) 他の飛行機を開発・製作しました。

同社は、戦後再び飛行機の開発・製作ができるようになった直後から次々に飛行機を製作しました。
1952年に R-52型軽飛行機
1953年に R-53型軽飛行機
1954年に R-HM型軽飛行機

今回復元したのは、機体が残っていたR-53型軽飛行機とR-HM型軽飛行機です。

敗戦後で日本に資源、資材の蓄えが乏しい中での飛行機で、木と金属と布で作られています。
今回復元するのにも同じ資材で行ったため、現在には残っていない技術を探し試行錯誤しながらやったことのことです。

見ていいるとシンプルな作りの中に必要な機能をきちんと組み入れてあり、当時の技術者の再開への意気込みを感じることができるた感動の時間でした。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中