正しい棄権

昨日、エディオンスタジアム広島で行われた、男子100メートルで9秒台突入が期待されていた東洋大の桐生祥秀(18才)選手が出場しました。
当日の予選では次で9秒台突入が実現できるかと思われる良い走りでしたが、脚の張りで決勝戦の出場を棄権したとのニュースが流れています。

スポーツの世界では、ここまでやってきたのだからと周囲の人も本人も無理をしてしまい、その結果が後に大きく影響することが過去に多くありました。

まだまだこれからが期待できる選手です。
身体を大事に考えた結果の棄権は正しい判断だと思うと同時に、このような先を考えた判断ができ、その考えを受け入れられる社会になったのだと、嬉しくなりました。
桐生選手の今後の活躍を楽しみにしています。

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

正しい棄権 への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    広島で開催されているということもあって
    地元の新聞にもいおきく取り上げられていました。
    予選で好成績だっただけに周囲の期待も大きくなったところでの棄権の決断には勇気が必要だったでしょう。
    体調を万全にして次の機会を楽しみにしたいですね。
    彼なら9秒台も夢ではないですものね。

    ハナミズキがいつもまにか満開ですね。
    近所では白とピンク、同じくらいの割合で咲いています。
    初夏を感じさせてくれますね。

    いいね

    • あわせかがみさん
      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      一回の試合に全力を出すスポーツは、可能な限り万全な体調で取り組んでいただきたいと思います。一回の無理でスポーツ生命を短くしないでほしいと願っています。

      ハナミズキは満開の時期でも花に萎れた部分がある例年と異なり、綺麗な状態のまま花が保たれているのが今年の特徴のように見えます。(あくまでも私が見て回った範囲内のことですが)
      そのように感じながら今年のハナミズキを楽しんでいます。

      いいね

あわせかがみ にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中