稲が少し元気に

10数年続けている、底の深いプランターを並べたミニ田んぼに、先週田植えをしました。
4月初めに苗を育てるために昨年収穫した種籾を蒔きました。
今年の発芽が状況は苗の育ち具合が良くなくて、その後2回ほど追加の種籾を蒔きました。

蒔いた時期により成長具合が異なり不揃いの苗ですが、6月に入りそろそろ田植えをしたいと思った頃に強い大雨の日が続き、気にしつつ延ばし延ばしで先週になりました。

コーンポストで生ごみを発酵させた土と耕していた庭の土と野菜用の土を混ぜ合わせて、田んぼの土にして田植えです。
密生して安定していた稲苗の時と異なり、植えたばかりの稲は強い風や雨で直ぐに倒れそうです。
柔らかな土で安定していない稲を再度少し深めに植える等、農家の人たちの大変さを少しだけ感じます。

水やりをしながら朝晩見ていると、通る人から「今年も田植えをしましたね」「毎年の夏の景色として見ています」 等々の言葉がかかります。 

このところ続いた晴天とたっぷりの水とで、弱々しかった稲がだいぶ元気に自立してきました。
今年はどのような稲に育ってくれるか、楽しみの日々が始まりました。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中