雷撃で裂けた木

加治丘陵の道脇で、落雷で根元まで幹が避けた木がありました。(Lightning split the tree in many)
一昨日夕方に加治丘陵を含む東京奥多摩・埼玉南部地方に激しい雷雨がありました。
連続した落雷の光と響くほどの大きな音が何回もあり、わが家にも落ちるかなと思うほどでした。

今朝いつものように林の中の道を歩いていると、まるで巨人が木を裂いたようなに大量の生木が散乱しています。
そして飛び散っている木々片の先には、木の中心部が破裂した感じで幹の一部だけが残っています。
高さは20mくらいある杉の木が一瞬で裂け、枝部分はそのまま木の近くに落ちていますが、避けた幹は木立の間を広範囲にわたって飛び散っています。

その瞬間に現場近くに人がいたら誘電か空電で大変な状態になっていたのではと、恐ろしく感じる破裂状態でした。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 加治丘陵 パーマリンク

雷撃で裂けた木 への2件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんにちは(*^_^*)
    落雷は怖いです。
    登山時に雨で雷がなった際は大きな木の下の5mの以内では
    絶対に雨宿りはするなと言われています。良く大きな木が
    裂けているのを山で見かけます。

    いいね

    • wakasahs15thさん
      こんにちは。
      私も丘陵や山で雷に遭ったことが何回かあります。
      身を低くしていても怖くて、つい高い木のある森に逃げ込みたくなります。
      大きな木が裂けているのも良く見かけますが、いつも歩いている身近の場所で根元まで裂け、時間がそれほど経っていない今回のケースは衝撃的でした。
      やはり木の下に逃げ込むのは危険ですね。

      いいね

りょうちゃん にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中