久しぶりの3時間フライト

台風が接近中の昨日(10/11(土))の秩父地方は穏やかな晴れの日となりました。
朝10時には2組のご夫婦のビジッターさんを含めて12名のフライヤーが集まりました。

午後に北風から南東の風に変わるとの天気予報でしたが、朝10時30分には弱いながら南風が時々が入ってきました。
さっそく2台のシャトルで山頂に向かうと、テイクオフの風は南風3mとフライトできる条件です。
皆さん早速テイクオフの準備です。

私はもう一人の方と、フライトして降りた人が再度山頂に向かうことが出来るように自動車をランディングに置きに再び山道を往復したため、12時近くにあらためて山頂に着きました。
先に飛び出した人たちは、山頂より高く上がっている人、テイクオフレベルで飛んでいる人と様々です。

12時30分、南風3mでテイクオフ。
飛び出す直前に、それまでと異なり風に力を感じなくなっていましたので、風のタイミングを見て飛び出しましたが、上がりません。
テイクオフレベルを往復しながら少しづつ上げて、ようやくトップアウト(山頂より上)になりました。

その後は風の強弱があり、その中に時々サーマル(上昇風)が混じる状況で、海抜750m位まで上がっては、テイクオフレベルまで下がるフライトが続きました。

2回ほど地上高200m位まで下がり、ランディングに向かわなければいけないかなと思うこともありました。
何とか高度を確保しようと山の斜面の木々にスレスレの位置で、弱いながら常時吹いてくる風に合わせて少しづつ高度を上げ、トップアウトすることができました。

13時過ぎると皆さん次々にランディングして、飛んでいるのは2機のみです。
大きくは上がらないので2機が相手の機体を避けながら、揚げがある数か所のポイントを行ったり来たりしてのフライトです。

14時を過ぎた頃からは、どこで飛んでいても弱い上げがあり、海抜600mくらいで何時までも飛んでいられる状態になりました。
こんな良い条件なのにフライトしないの? と無線で呼びかけると再びフライヤーがシャトルで移動してくるのが上空から見えます。

多くのフライヤーがテイクオフし、お空が賑やかになった15時過ぎからは、飛んでいる人の写真を撮ったり、SLの通過をカメラで追いかけたりしましたが、風に多少の強弱が出て、機体が揺れて巧く撮れません。

15時20分、そろそろ降りようと荒川を越えて新ランディングに向かいましたが高度が下がらず、再び山側に戻り高度処理をしてメインランディングに着地。180分のフライトでした。

エアー条件はその後も1時間くらいアーベントで、ふわふわと浮かんでいる感じが続いていました。

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: パラグライダー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中