強め風のフライト

土曜日のテレビ、ネットの予報は、曇り時々晴れ・穏やかな東風でした。

長瀞エリアに着くと5名のメンバーが集まっています。
風が変わりそうだから早く飛ぼうと皆さん急いでいます。

11時過ぎに山頂に着くと、風は3m強の南風が入っています。
しばらく風の状況を観測後にTKMさんがテイクオフ、少し強めの風ながらテイクオフ地点から+300m前後を飛んでいます。

風の変化とTKMさんのフライトを確認後に、テイクオフ準備をしました。
12時15分 南風3m強でテイクオフ。
風に力があり直ぐに+200mから+300mの高度を取れます。
時々4m以上の風が入ることもあり、風に合わせてフライトしていますと、海抜900m以上いくこともありますが、長続きせず海抜800m前後でフライトを続けていました。

フライト開始から70分を過ぎ、飛んでいるのは4名のフライヤーです。
風が強めのため、ランディングの吹き流しを注視しながら飛んでいますと、1名がランディング体制に入りました。
風が強いため、長い時間かけてランディング場のギリギリで着地しています。

続いてランディング体制に入った二人は風が強くてなかなか前進できずにランディング場際にShort気味で着地しました。

吹き流しの角度と二人のランディン状況を見ていると、その瞬間には5m以上の風が吹いていたようです。
風の力に注意しようと思いつつ、なかなか降りない中を少しずつ降下して行くと、地上からも風とランディングに入る位置のアドバイスが無線で入りました。

風で後ろに流されないように通常より前進した位置で降下し、新ランディング場の真ん中に着地、98分のフライトでした。

上空でフライト中は強めの風でも大きな影響はありませんが、ランディング時の強い風の対応の厳しさを久しぶりに反省と共に実感しました。

帰る途中に見た空は、雲の変化の大きい夕焼けでした。

 

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: パラグライダー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中