オダマキ Aquilegia flabellata

オダマキの花が咲いています。
紫と白の組み合わされた花は、おとなしそうですが静かな華やかさも感じられて好きな花です。

オダマキは、麻の糸玉「苧環」に花の形が似ているところから名前が付けられたようで、日本には昔からあったようですね。

「しずやしず しずのおだまきくりかえし むかしをいまになすよしもがな」     静御前が詠んだとされている歌で知られています。
私自身も詩吟を練習する中でこの歌に親しんでいますので、オダマキと聞くと懐かしさを感じます。

静御前の歌の基になった歌が伊勢物語にあると言われていますので、日本人に昔から馴染みの花だったと思います。

現在は日本系オダマキと西洋系オダマキがあり、園芸用に種類が増えているので、目にする機会も更に多くなっています。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 花シリーズ パーマリンク

オダマキ Aquilegia flabellata への2件のフィードバック

  1. 花好き♪ より:

    こんにちは^^♪

    可愛くって…..♪
    いい色あいで….♪
    咲いてますね…..♪
    大好きな花です(⌒-⌒)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中