建物と庭園

先日、皇居東御苑の一部を歩きましたが、花も素敵ですが建物と庭園(水周り)を観て歩くのも楽しみです。

江戸時代からあった諏訪の茶屋(明治45年に再建)は明治期の茶室風の優雅な外観が現在の保たれています。さすがに皇居の中でおもてなしに使われたものらしく、大きくて立派な建物です。

また、江戸時代に登城する大名のお供を監視するための、同心番所も昔の雰囲気がそのままに残っています。

ツツジの花が満開で東御苑の中あちこちに赤い色を際立てているのと、緑の木々、水の流れが気持ちよい空間となり、歩いていると心が和みます。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 随想 パーマリンク

建物と庭園 への6件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんにちは(^^♪
    番所や茶室が原型を残しているのはいいですね~~~。
    一度、歩いてみたいです。

    いいね

    • wakasahs15th さん
      こんにちは。
      江戸時代は将軍の居城兼政治り中心地、明治以降は皇居として守られてきた自然と造形物です。
      日本の誇るべき大切な場所と思います。
      東御苑は比較的短時間で歩くことが出来ます。
      ご覧になり、wakasahs15th さんのお写真で見せていただければと思います。

      いいね

  2. 花好き♪ より:

    こんにちは^^♪

    水辺の植物 石垣と赤いツツジが綺麗ですね♪
    落ちついた庭園と番所に茶室綺麗なままで残ってるのですね♪
    こんな所が歩けるって最高ですね^^♪

    いいね

    • 花好き♪ さん
      こんにちは。
      静かな場所で、自然が守られていて素晴らしいところです。
      地下鉄の竹橋駅、大手町駅から近い入口が有りますので、機会がありましたら歩いて、楽しんでください。

      いいね

  3. aquacompass7 より:

    色々いい所がありますね。花の名前をたくさん知っておられますね。羨ましいです。

    いいね

  4. aquacompass7 さん
    こんにちは。
    東京は都会で混雑しているように見えますが、実際にはとても緑が豊かな場所です。
    その中で一番は皇居です。更に江戸時代の大名屋敷の庭園が公園、植物園等になっているものもあります。緑の多い首都は世界に誇っても良いことと思います。
    花の名前は良く分かっていなくて人に聞いて、図鑑を追いかけて分かったと思ったら、次のシーズンには忘れていて、また同じことを繰り返しています。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中