稲の切株から

プランターを並べたミニ田んぼの稲刈りをしてから略一カ月経ちました。
雨の多い11月であったため、刈り取った後のプランターは常に水がある状態になっています。

子供の頃に近くの田んぼで稲刈りが終わった後に、再び緑の稲が生えてくるのを見ていました。
季節が秋から冬に向かう頃、小さな稲が僅かに実をつけるのを知り、子供心に感動したことを覚えています。

わが家の小さなプランターの中でも、刈り取った稲の株から緑の茎(葉?)が少しずつ生えてきました。
切られた株は既に朽ち始めた色をしていますが、その脇で元気に緑が伸びています。
冬型の青空の広がる寒い中、どこまで成長をするのかなと期待とちょっと心配をして見ています。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 花シリーズ パーマリンク

稲の切株から への4件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんにちは(^^♪
    二番穂ですね。少しですが実がつきます。
    琵琶湖に飛来するコハクチョウは湖の水草とともに二番穂は貴重な食糧源になって
    います。殆どの時間を田んぼで過ごしています(^_-)-☆

    いいね

    • wakasahs15th さん
      こんにちは。
      短く伸びた稲の先に僅かな穂をつけるのは、可愛いというかけなげと感じます。
      コハクチョウの栄養源になっているのですか、自然の共存パワーは素晴らしいですね。

      いいね

  2. 花好き♪ より:

    こんばんは~♪

    近くの田んぼでも二番穂が育ってます♪
    農家さんに頂いてお正月のお飾りに付けていました♪
    今は…いつの間にか飾らなくなりましたけど。

    いいね

    • 花好き♪ さん
      こんにちは。
      お正月の飾りに使っているのが二番穂とは知りませんでした。
      昔は良く見かけました。
      先日も稲を刈っていると、懐かしいです、と話しかけてこられたご婦人があり、お飾りにどうぞと少し差し上げました。
      皆さん思い出をそれぞれにお持ちになっていると、そのときも思いました。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中