コウヤボウキ

このところ冬日の寒い日がありますので、紅葉の赤い色がきれいになっています。
関東南西部のこちらの地域も気温は下がっていますが、木々はまだ秋の色を見せています。

紅葉、黄葉の林の中で、2cmほどの白い花が咲いています。
コウヤボウキです。
高野山では、弘法大師の教えで果樹や竹などの植栽を禁じられ、この植物を箒にしたと伝えられています。

背が低く小さな花のために、殆ど気づかれていないおとなしい感じの花です。
まもなく白い花の時期が終り、茶色の筋のような花に変わり、その後の真冬になると綿のような白い花(花の名残?)にと変化します。

白い花に薄いピンクが入っていて良く観察すると綺麗な花です。
道脇に咲いていますが、皆さんなかなか気がついてくれません。
先日、花について良く教えていただいている年配の女性とお話した時も、「最近見かけていなかったのですが、こんな近くに咲いていたのですね」と言われました。

これから真冬までの花の変化を見続けようと思っています。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 花シリーズ パーマリンク

コウヤボウキ への5件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    お早うございます(^^♪
    高野山との関係でのコウボウキの命名でしょうか?初めて見ました。弘法大師の教えも厳しかったようですね(^_-)-☆

    いいね: 1人

    • wakasahs15th さん
      こんにちは。
      竹で箒を作ることが出来ないので、この植物を箒に使ったと言われています。
      実際には竹ほどの木の固さがないので、掃除するのに苦労したのではないかと想像しています。
      花が可愛くて好きな花の一つです。
      返信が遅くなり申し訳ありません。書き込みしたと思っていたのですが送信に失敗していたのかもしれません。失礼しました。

      いいね

  2. 花好き♪ より:

    こんにちは~♪
    「コウキボウキ」初めてです! 綺麗な花ですね✿
    身近に咲いてるのですね!
    此方でも探せば見当たるのかしら…(^^ゞ

    いいね

    • 花好き♪さん
      こんにちは。
      小さな大人しい感じの花で毎年この時期に丘陵を歩きながら探しています。
      白い花の期間が短いので、時々茶色に変ってから気がつくこともあります。
      関東地方から九州地方まで分布範囲が有りますので、お近くでも見かけるかも知れませんね。
      返信が遅くなり申し訳ありません。書き込みしたと思っていたのですが送信に失敗していたのかもしれません。失礼しました。

      いいね

  3. ピンバック: コウヤボウキ2 | 私のページ(りょうちゃん)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中