雨の合い間に

1週間ぶりに加治丘陵を歩きました。
梅雨の最中で林は湿気があふれている感じです。
木々に覆われている部分の散策用の舗装された小道は、苔が生えて緑の道となっています。

今年は春の早い時期も雨が多くて、蝶々を見かけるのが例年よりも少なく感じます。
例年ですと、春先からこの時期の晴れた日には、蝶々がたくさん飛び、紋白蝶,紋黄蝶がつがいでお互いに上下しながら飛んでいます。
楊維禎の詩のように、人についてくるように飛んでいることも多くあります。
漫興7首その5楊維禎_20190331  ← クリックすると詩が出ます。

今年も蝶々を見かけますが数が少なくて、こんな状態で花々の受粉は巧くいっているのかな、と余計な心配をするほどです。

花を見送っている老人はここに居ますが蝶々が飛んでいなくて、今年は詩の世界にならないと思っています。

広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 詩と吟 パーマリンク

雨の合い間に への6件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんにちは(^^♪
    蝶は少ないですか(^^)/雨が関係してるのでしょうか?梅雨明けに期待しましょう(^_-)-☆

    いいね: 1人

    • wakasahs15th さん
      こんにちは。
      雨が多いので蝶々も飛ばないのではないすと思いますが、それにしても春先の蝶々の数が少なかったように感じました。
      梅雨明けが待ち遠しいです。

      いいね: 1人

  2. 花好き♪ より:

    こんにちは~♪

    そう言えば私も蝶々見てない気がしてます!
    青空の下で*****
    可愛く飛び交う様を見たいですね(^^ゞ

    いいね: 1人

    • 花好き♪さん
      こんにちは。
      今年は春に強い雨の日が多くあったので、蝶々が太陽の下で飛んでいるのを見る機会が例年よりも少なく感じました。
      人を恐れないようすでお互いに飛んでいる蝶々の恋ダンスを見たいです。

      いいね

  3. saganhama より:

    こんにちは(^^)
    お天気が良い日は蝶々を我が家の庭でも良く見ますが、梅雨入りしてからは見なくなりましたよ。なので、私も梅雨明け待ちかなと思ってます。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中