余寒

初夏のような暖かさがあった立春の日を過ぎて、再び寒さが戻ってきました。
気持ち的には「寒の戻り」ですが、言葉の使い方としては正しくないようです。
「寒の戻り」の真の意味は、気温が上昇している春の最中に西高東低の気圧配置となり、春なのに冬のような寒気が戻ってくることを指しているそうです。

これまで言葉の使う時期を間違っていたようで、言いなれた言葉でも正しく理解していないことが多いとあらためて思いました。
立春を過ぎてからの寒さを「余寒」というようです。
実際の気候の変化は、寒い日・雪の日がまだまだ続くので、余りの字を使う余寒の言葉は、すんなりと頭に浮かびませんでした。

しかし春は確実に近くまで来ていますね。
我が家の近くでも、ヒマラヤヤキノシタの綺麗な花が咲き、紅梅が咲き始め、水仙の花に元気さが感じられます。
乾燥しきった空気も、時々の雨、雪で少し湿度が上がっています。
気温の下がって日でも、陽射しがあると太陽の光の強さ。暖かさを感じる事が多くなりました。
インフルエンザに負けずに、元気に本格的な春を迎えたいと思っています。


広告

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 花シリーズ パーマリンク

余寒 への6件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんにちは(^^♪
    立春を過ぎて今のところ厳しい寒さは感じられ無くなりました。仰るように春の兆しが各所で見られます。予報では週末に北の方は最強の寒波がくるとの事でした。まだまだ寒暖の繰り返しでしょうね(^_-)-☆

    いいね: 1人

    • wakasahs15th さん
      こんにちは。
      一月の寒さに比べると少しだけ暖かさが増してきたような気がします。
      それても強烈な寒気団が来れば一気に極寒になる最近の気象変化です。
      寒い日がまだまだあると意識しつつの日々の歩みですね。

      いいね: 1人

  2. 花好き♪ より:

    こんにちは♪

    美しい花々を見てると「春」そのものですね♪
    こちらでも 立春を過ぎてから寒さはありません。
    暖房で固まってた人たち…それぞれ玄関先や窓辺から顔をだしてま~す。
    暖かいって人を動かしますね♪ 本当の春はまだ先のよう。
    油断大敵!風邪など注意ですね(^^ゞ

    いいね: 1人

    • 花好き♪さん
      こんにちは。
      太陽の暖かさを少し感じられる日々が続いていますが、厳しい寒さは続くでしょうね。
      春を迎える気持ちを持ちつつも、寒さ・大雪があるぞ、との警戒心も持ち続けなければいけない季節と思います。
      花の美しさを楽しみつつお元気な日々を過ごしてください。

      いいね

  3. saganhama より:

    こんばんは(^^)
    立春を過ぎてからの寒さを余寒と言うんですか!知りませんでした(^^ゞ 余寒と言う割にはこの時期に来る寒波は強い様な気がします。明日は日中暖かくなるそうですが、その後は厳しい寒さに成り雪の予報も出てますね。関東の平野部は2月が最も積雪する日が多いそうですので、大雪に成らぬ事を願ってます。

    いいね: 1人

    • saganhamaさん
      こんにちは。
      関東地方は、これからが雪のシーズンになりますので、余寒の感じはしませんね。
      毎年、2月・3月が雪かきで大汗をかく時期と思っているので、これからが冬の総仕上げシーズンと思っています。
      近隣の雪かきに頑張らなければと意識しています。
      ここ数日は弱い雨が時々あり、少しだけ湿り気が多くなり喜んでいます。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中