デンドロビュームが少しだけ

鉢植えのデンドロビュームが咲いています。
原産地は熱帯地域の雨季と乾季がある地域に育ってきた花と言われています。
このため、秋から花の咲く寸前までは水を少くなめにして、乾燥気味にしく必要があります。
時々霧吹きで水をかけて乾燥しすぎを防ぐ等の配慮をするべきですが、このところ忙しさにかまけて手入れを怠っていたため、今年の花はごく僅かしか咲いてくれません。
来年に向けて鉢を替え、管理の仕方を改善しなければと思っています。


デンドロビュームの花言葉である「わがままな美人」「天性の華を持っている」に合わせて、もう少し寄り添わなければと反省している今年の花です。

りょうちゃん について

"これまでのものを大切にしつつ、新しいものに挑戦"  、 空を飛ぶこと 海に潜ることが大好きです。
カテゴリー: 花シリーズ パーマリンク

デンドロビュームが少しだけ への6件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんばんは(^^♪
    デンドロビュームは‘我儘美人’が花言葉ですか。付き合いにくい美人さんのようですね。でも華があって育てるのはやりがいがありそうです。りょうちゃんの腕が問われそうですね(^_-)-☆

    いいね: 1人

    • wakasahs15th さん
      こんにちは。
      長いこと気を使っていたのですが、ここ2年ほど忙しさで気が回らなくなり手抜きをしてしまいました。
      花は正直で、その結果を示してくれたようです。
      初心に戻らなければと反省です。(反省だけなら〇〇にも出来る、と言われないようにしないと・・・)

      いいね: 1人

  2. saganhama より:

    こんにちは(^^)
    蘭は手のかけ具合が難しい花の様ですね。ある知り合いは多少ずぼらな面倒見をする方が綺麗に咲くと言ってました。適度がどの程度か私には???ですが、花の様子を見ながらお世話してあげてください。

    いいね: 1人

    • saganhama さん
      こんにちは。
      ありがとうございます。「多少ずぼらな面倒見をする方が綺麗に咲く」面倒見の良くない私には嬉しいお言葉です。
      来年に向けて試行錯誤してみたいと思います。

      いいね: 1人

  3. 花好き♪ より:

    こんにちは♪

    欄の種類は温度関係など育てにくいですが…デンドロビュームは割と育てやすく思いますね♪
    ・・・と言いながら^^自分は枯らしてしまいましたが・・・
    来年は綺麗に咲きますように(^^ゞ

    いいね: 1人

    • 花好き♪さん
      こんにちは。
      確かに、これまでも少しだけ気を使っているレベルですので、割と育てやすい種類なのでしょうね。
      いろいろと反省点が見えてきた気がしますので、何とか元気に育てられればと思っています。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中